国際ロータリー第2710地区 宇部ロータリークラブ

活動計画
委員会活動のテーマは、「心と心のハーモニー」
クラブ管理運営
 本委員会は、出席・クラブ会報委員会、プログラム委員会、親睦活動委員会の3つの小委員会で構成されます。
 本年度RI会長のバリー・ラシン氏は、「BE THE INSPIRATION インスピレーションになろう」をテーマに、また当地区の吉原久司ガバナーの信条は、 「輝こうロータリー ふたたび!」を掲げられておられます。
 当クラブの金子準二会長は、「皆で築こう伝統の上に私たちの思いを、夢を」をテーマに
 運営方針として
・前年度に準備された財政基盤を基に、改革のチャレンジ・試行年度と位置付ける。
・戦略委員会にて改革案を審議・発議し、直ちに各委員会にて試行しつつ評価し、都度ブラッシュアップを行う。更に取捨選択を行い、次年度からの本格的運用に向けて恒久的な仕組み作りと細則改定の準備を行う。
 を打ち出されました。
 また、当委員会には、
・ロータリーロングライフの推進・サポート。出席率向上に繋がる楽しく有益な例会の開催。工夫を凝らした親睦活動の実施。
 を示されました。
これらを実践するために3小委員会と緊密に連携して相互理解を深め、魅力ある例会作りや有意義な親睦活動を実践したいと思います。

会員組織
 今年度吉原久司ガバナーの地区テーマは「仲間を増やそう、すべてはそこから始まる」であります。
 会員組織委員会の役割は、組織の維持と強化です。会員増強につきましては、新入会員の勧誘と退会防止です。委員会メンバーだけじゃなく会員全員で取り組むべきとして考え、全方位的に新入会員候補者の発掘を図り、勧誘に努めます。
 また会員各自がロータリアンとしての意識の向上を図るために、ロータリーの歴史や情報を週報やファイヤーサイドミーティングを通じて提供します。

1.会員数/50人台(吉原ガバナーの掲げられる地区目標は、会員数50名以下のクラブは純増1名以上となっておりますが、、、)を目指します。
2.ファイヤーサイドミーティングを2回開催します。

 今年度の金子準二会長のテーマは「皆で築こう伝統の上に私たちの思いを、夢を!」であります。
 金子会長の思いが実現します様、我が会員組織委員会は、上記2つの年間目標を掲げてさせていただきます。
「すべては出来ないが、何かはできる」の気持ちで頑張りますので何卒会員の皆様のご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

公共イメージ
 ロータリーに関する情報やクラブの奉仕活動をメディア等の色々な媒体を使って広報し、地域社会での認識と公共イメージを向上していきます。クラブの奉仕精神や理解度を深めるためにも、「ロータリーの友」や「ガバナー月刊」を精読するように努めます。

1.地元新聞宇部日報にクラブの活動や教育啓蒙活動を掲載していきます。
2.クラブの活動時にはユニフォーム(ジャンパー)を着用するように努めます。
3.「ロータリーの友」に宇部クラブならではの活動を記事として投稿し、宇部クラブの存在をアピールします。
4.ホームページの内容を充実させ情報発信していきます。
5.会員のバッジの常時着用を徹底していきます。
6.ポリオ撲滅におけるロータリーとロータリアンの役割の周知を図ります。

奉仕プロジェクト
 バリー・ラシンRI会長のメッセージにあるように奉仕における「持続可能性」をロータリーでの合言葉とし、宇部ロータリークラブの金子準二会長のクラブテーマである「皆で築こう伝統の上に私達の夢を」を踏まえ、楽しく喜びを感じる奉仕活動の実践に努めます。

1.奉仕プロジェクト委員会は、職業奉仕、社会奉仕、青少年奉仕、国際奉仕の4委員会で構成され、相互の連携と強化を図ります。
2.奉仕活動の本来的意義を自覚し、対外的にロータリー活動を広め、会員増強に結び付くように努めます。
3.奉仕の棚卸と重点志向に向け、できるだけしっかりとした活動計画を早期に確立し、次年度に向けた戦略を練る年度とします。
4.特に、宇部ローターアクトの支援を行います。

財団
 宇部ロータリークラブの財団委員会は、ロータリー財団委員会と米山記念奨学金委員会からなっています。
 特にロータリー財団は国際ロータリーの慈善部門なので、ロータリアンと支援者による自発的な寄付で成り立っています。補助金を通じて、世界的に人々の健康状態の改善、教育支援、貧困救済に努め、親善、平和を促進する活動を行うことができます。
 財団委員会の役割は、補助金プロジェクトへの参加と寄付を通じて、支援計画を立案し、実施することにあります。
 宇部ロータリークラブは、過去5年間歴代委員長、関係者のご尽力で、補助金プロジェクトを実施することができました。今年度も支援計画を立案し、実施につながればと思っています。
 これらの財団の趣旨と使命、及び必要性をご理解いただき、財団へのロータリアンとしてのご支援を、承りますように、よろしくお願い致します。

内良記念奨学金
 本奨学金制度は、宇部市出身の実業家、内良義勝氏が「郷土のために役立てて欲しい」と、宇部ロータリークラブに寄託された百万円を基金として、昭和44年2月に発足し、現在まで49年間の長きに渡り、多くの市内の高校生を支援してきた宇部RC独自の奨学金制度です。名称は、平成7年(1995年)に「内良記念宇部ロータリークラブ奨学金」となり、さらに平成25年度からは、 「宇部ロータリークラブ(内良)奨学金」と改められました。
 昨年度までに当奨学金制度を利用して卒業した奨学生は595名にのぼります。
 これまでは市内8つの高校から各1名の推薦を頂いていましたが、今年度は1校辞退があり、7名の高校生に支援する予定です。
 今年度は当奨学金制度が創設され、50周年を迎えます。それに伴い特別委員会を設置し、記念事業の開催について検討を行っていく予定です。
 この伝統ある奨学金制度を維持していくためには、資金が必要です。会員の皆様の更なるご理解とご協力をお願い申し上げます。

<事業内容と目標>
1.対象者:宇部市内8高等学校から各1名(1校辞退があり合計7名)
2.奨学金金額:1名当たり月額1万円 計84万円(返済義務なし)
3.卒業祝:2月の最終のクラブ例会で対象者の卒業祝いを開催
4.寄付目標額:90万円
5.対象者は当クラブで行う奉仕活動にできるだけ参加していただく

ロータリーについて 活動計画 SAAマニュアル ロータリーライフ ガイダンス 内良記念宇部RC奨学金制度 会員専用 フォトアルバム

インスピレーションになろう

Rotary.org:

国際ロータリー第2710地区

山口大学医学部付属病院

株式会社エイム

山口大学

住友生命(相)宇部営業部

(有)ビジネスホテル新川

ロータリー文庫

Copyright (C) 宇部ロータリークラブ All Rights Reserved.