国際ロータリー第2710地区 宇部ロータリークラブ

活動計画
委員会活動のテーマは、「心と心のハーモニー」
クラブ管理運営
 本委員会は、出席・クラブ会報委員会、プログラム委員会、親睦活動委員会の3つの小委員会で構成されます。
 本年度のRI会長のボルガー・クナーク氏は「Rotary Opens Oppotunities (ロータリーは機会の扉を開く)」をテーマに、当地区の脇 正典ガバナーによる2710地区のガバナー信条は「不易流行 〜 楽しくなくてはロータリーではない 〜」となっております。それを受けて、今年度の宇部ロータリークラブのテーマを「集いて、語り、楽しもう」を猪熊会長は掲げられております。
 クラブの運営方針としては、
 (1)出席率向上に繋がる例会の開催。
 (2)会員・家族が参加をしたくなる親睦行事の開催。
 を示されました。
 また、今年度は当クラブの引受でIMが開催されます。金子正己ガバナー補佐、西村滋生実行委員長と共にクラブ全体で協力し、IMを成功させたいと思います。
 これらを実践するために、3つの委員会と連携を密にして相互理解を深め、魅力あるクラブ・例会作りを図り、集えば楽しいロータリー活動は家族を含めた会員の親睦を深め、会員の皆様に楽しんで頂ける様に務めていきたいと思います。

会員組織
1.昨年度の続き、会員組織の理事を担当いたします。昨年度は会員増強にならず、残念な結果になりました。会員全員のご協力のもと、是非1名以上の会員増強に励みたいと思っていますので、会員候補者のご推薦、情報等を宜しくお願いします。
2.新入会員を中心とした炉端会議の開催
  若手の空閑委員長を中心とし、宇部RCの知恵袋である藤井良康副委員長、福田信二委員、西村正彦委員からなる情報委員会主催のファイアーサイドミーティングを開催することによって、会員にロータリーの歴史や情報を伝達して、ロータリーアンとしての意識を高めていこうと思っています。

公共イメージ
 ロータリーの歯車の徽章を見たら、誰もがロータリーという名前を連想して、そのロータリーがどのような組織なのか、何をしているのかがわかるようにしましょう。
 私たちはロータリーについて説明するために、「ロータリーの友」や「ガバナー月信」を精読し、いろいろな情報を入手し、適切に説明をできなければいけませんが、加えて、私たちがロータリーで経験した感動的な体験について話すことも大切なことです。

1.地元新聞宇部日報にクラブの活動を掲載していただきます。
2.クラブの活動時にはロータリーの歯車の徽章がはいったユニフォーム(ジャンパー)を着用するよう努める。
3.「ロータリーの友」に宇部クラブならではの活動を記事として投稿し、 宇部クラブの 存在をアピールしていきます。
4.マイロータリーの利用促進を励行し、登録を推進します。
5.ロータリーの襟ピンをロータリーの会合に行くときだけではなく、いつも身に着けていただきたい。

奉仕プロジェクト
 すべてのロータリアンは、「超我の奉仕(どれほど与えられるか)」の精神で地域や世界に対する奉仕を通じて人々の生活を高める責務があります。

 次に、2020−21年度 ボルガ―・クナークリーRI会長は、奉仕プロジェクトを通じて、会員自身や受益者の人生をより豊かにするための道を開くのがロータリーであると述べています。これらの精神をまず想起しましょう。

1.奉仕プロジェクトは、職業奉仕、社会奉仕、青少年奉仕、国際奉仕の4委員会で構成されています。
2.4委員会における既存の活動の連携と強化を図ります。各委員会では工夫と改善を実践するように務めます。
3.活動重点分野として、健康、親善と平和、教育、貧困に関するものが挙げられます。
4.会員ならびに家族等の活動参加の向上を図り、達成感のある充実したものにするとともに、対外的な評価並びに広報効果もあるようにします。

財団
 宇部ロータリーの財団員会は、ロータリー財団委員会と米山記念奨学金委員会からなっています。
 ロータリー財団は、国際ロータリー慈善部門で、ロータリアンと支援者による自発的な寄付で成りたっています。財団の補助金を使って、世界的に人々の健康状態の改善、教育支援、貧困救済に努め、親善、平和を促進する活動を行うことが可能です。
 財団員会の役割は、補助金プロジェクトへの参加と、寄付を通じて財団を支援する計画を立案して実施することにあり、そのために財団への寄付については、ロータリアンに毎年継続的にしていただくことを奨励しています。
 宇部ロータリークラブは、過去7年間にわたり、歴代委員長。関係者のご尽力のおかげをもちまして、補助金プロジェクトを毎年実施することができました。今年度も社会のお役に立つ支援計画を立案し、実現につながりますよう努力していく所存です。
 合わせまして、米山奨学金へのご理解、ご協力もよろしくお願いいたします。
 これらの財団の主旨と使命、及び必要性をロータリアンの皆さまにご理解いただき、今年度も財団へのご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い致します。

内良記念奨学金
 本奨学金制度は、宇部市出身の実業家、内良義勝氏が「郷土のために役立てて欲しい」と、宇部ロータリークラブに寄託された百万円を基金として、昭和44年2月に発足した。
 現在まで50年間にわたり、多くの市内の高校生を支援してきた宇部RC独自の奨学金製度です。名称は、平成7年(1995年)に「内良記念宇部ロータリークラブ奨学金」、平成25年度からは現在の「宇部ロータリークラブ(内良)奨学金」に改名された。
 事業内容は、市内8高等学校から推薦された、各校1名ずつ計8名の学生を支援する。
 この伝統ある奨学金制度を維持して行くためには、資金が必要です。会員の皆様の更なるご理解とご協力をお願いします。

<事業内容と目標>
 対象者:宇部市内8高等学校
 奨学金金額:1名当たり月額1万円 計96万円(返済義務はない)
 卒業祝:2月のクラブ例会で対象者の卒業祝いを開催
 寄付目標額:100万円
 活動:対象者は当クラブで行う奉仕活動にできるだけ参加していただく。

ロータリーについて 活動計画 SAAマニュアル ロータリーライフ ガイダンス 内良記念宇部RC奨学金制度 会員専用 フォトアルバム

ロータリーは世界をつなぐ

Rotary.org:

国際ロータリー第2710地区

みさき歯科

高嶺病院

山口アポロ石油(株)

にしむら内科クリニック

山口大学医学部付属病院

ロータリー文庫

Copyright (C) 宇部ロータリークラブ All Rights Reserved.